ホーム > 本当のお話 隠されていた原発の真実
本当のお話 隠されていた原発の真実
本体1,200円+税
ISBN 9784750337289
判型・ページ数 A5・116ページ
出版年月日 2012/12/20

本当のお話 隠されていた原発の真実

現役高校教師かわはら先生がどこへでも出張して行っている「原発出前授業」の書籍化。難しい原発・放射能の話も、高校生相手に磨いた話術と図解で、誰にでもわかるよう説き起こす。第2巻は、原発をめぐるウソを見抜くお話。

 はじめに

第1部 想定されていた「想定外」
 ・原発は絶対安全です! 日本では原発事故は起きません!
 ・本当に「想定外」だったのか?
 ・地震が来ても、津波が来ても大丈夫!――『チャレンジ!原子力ワールド』では
 ・「地震大国日本」――プレートの境界線上にある日本列島
 ・巨大地震が来ても大丈夫なの?――「原発震災」の警告
 ・巨大津波が来ても大丈夫なの?――吉井議員の国会質問
 ・東京電力は巨大津波を「想定」していた
 ・そして、原発は爆発した――レベル7の現実

第2部 こうやって日本に原発がつくられていった
 ・すべては「原爆」から始まった
 ・アイゼンハワー大統領の「アトムズ・フォー・ピース演説」
 ・青年将校・中曾根康弘の「野望」
 ・メディア王・正力松太郎の「野望」
 ・原発は「夢のエネルギー」だったのか?
 ・原発のメリットの「ウソ」
 ・原発は「絶対に安全・安心」だったのか?
 ・大都市近郊には建てることができない原発
 ・必ず起きる地域住民による原発反対運動
 ・原発は金のなる木
 ・だんだん減っていく「原発マネー」
 ・くせになっていく「原発マネー」

第3部 隠されていた原発の情報と真実
 ・隠されてきた原発事故
 ・わかっていた原発の危険性――高速増殖炉「もんじゅ」の事故
 ・わかっていた放射能の恐怖――JCO臨界事故
 ・原発の情報と真実はきちんと伝えられていたのか?
 ・本当に「計画停電」は必要だったのか?
 ・「メルトダウン(炉心溶融)」しているの? していないの?
 ・新聞からも消えていった「メルトダウン(炉心溶融)」
 ・放射能は拡散しているの? していないの?
 ・公表されなかった「SPEEDI」の情報
 ・「ウソ」ではないけど、「本当のこと」は言わない
 ・「記者会見」は本当のことを伝えているの?
 ・新聞・テレビが伝えない事実、映さない映像
 ・海外メディアとの情報格差(情報・映像・時間)
 ・「御用学者たち」のどうしようもないコメント
 ・テレビには出ない「反原発」の研究者・ジャーナリスト・ミュージシャン
 ・なぜ新聞・テレビは「本当のこと」を伝えないのか?
 ・原発とマスメディア
 ・みんなグルだった?――「原子力ムラ」というシンジケート(利益共同体)
 ・まだまだ出てくる原発の「ウソ」
 ・どうしても原発を「再稼働」させたい電力会社と国
 ・隠されていた本当に「本当のお話」

第4部 だまされない市民になるために
 ・「だまされない市民」になるために
 ・まずは知ることから始めよう
 ・もうひとつのメディアとしてのインターネット
 ・これからの市民の条件

 おわりに
 ブックガイド

このページのトップへ