ホーム > ミャンマーの国と民
ミャンマーの国と民
本体1,700円+税
ISBN 9784750337012
判型・ページ数 4-6・200ページ
出版年月日 2012/11/10

ミャンマーの国と民

日緬比較村落社会論の試み

軍事政権が幕を下ろしたミャンマー。しかしその基盤は人口の4分の3がくらす農村部にあり、常に歴史の転換点で重要な役割を担ってきた。1986年から数多くの農村にくらし、数多くの村人と語り合ってきた筆者が、草の根のミャンマーの実像を活写する。

 はじめに

1.ミャンマーの風土と農業
 山と平原とデルタ
 国境は少数民族が支配
 雨季・涼季・暑季
 地形と気候に適合した三種類の農業形態
 ミャンマー式農政
 経済および国土に占める農業の位置
 米つくりの世紀
 村落法

2.ミャンマーの村と村人たち
 ミャンマー農村の景観
 ミャンマーに農家はない
 農民の一年
 籾米供出制と市場経済化
 ナーレーフム
 「バカ」の話
 農村土地なし層
 多就業構造
 De-agrarianization

3.私的村落経験から見た日本とミャンマー
 村に入ること
 牛乳にまつわる話
 組合と入会地裁判
 結とレッサー・アライッ
 デモンストレーション効果とヴェブレン効果
 村で老いるということ

4.日本の村、ミャンマーの村
 共同体とコミュニティ
 自然村と家連合
 検地と査定調査
 年貢と供出制度
 用水組合と村仕事
 ミャンマー式資源管理
 チンの焼畑と共有地
 仏教とナッ
 人間関係の作り方と村内の集団
 ミャンマー的村落共同体
 共同体の失敗

 あとがき
 参考文献

同じジャンルの本

このページのトップへ