ホーム > アトウッド博士の自閉症スペクトラム障害の子どもの理解と支援
アトウッド博士の自閉症スペクトラム障害の子どもの理解と支援
本体1,600円+税
ISBN 9784750336275
判型・ページ数 A5・128ページ
出版年月日 2012/08/05

アトウッド博士の自閉症スペクトラム障害の子どもの理解と支援

どうしてクリスはそんなことをするの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)のある子の行動の原因と機能を明確にし、その行動を「あまり頻繁にとらぬ」よう、そして「適切な行動がとれる」よう、効果的なコントロール方法を解説。ASDの本質と対応のヒントを平易な記述でコンパクトにまとめる。

 序文

相互的交流の質的障害
 社交的場面の行動とその順序
 社交のスキルを高めるには
 感情と思考のコミュニケーション
 感情の理解
 感情の表現
 感情を理解させ、表現させる方法
 まとめ

言語的/非言語的コミュニケーション及び想像力の質的障害
 言語的コミュニケーション
  A)言語の理解
  B)言語による表現
  C)非言語的コミュニケーション
  D)認知障害
 刺激の過剰選択性
 複数の感覚領域(クロス・モダリティ)の問題
 順序づけ(シークエンシング)
 想像力
 般化
 知覚の異常
 模倣
 運動感覚の手がかり
 記憶
 動機
 学習環境で子どもの能力を高める
 まとめ

著しく限定された行動と興味の範囲
 単純な反復行動
 手のこんだ決まりを作る
 狭い範囲の興味に没頭する
 まとめ

感覚刺激に対する異常な感じ方
 音の感じ方
 強烈に知覚されている音を特定する
 触覚
 視覚
 匂いや痛み、熱の感じ方
 恐怖や不安反応の対処
 まとめ

年齢相応の行動かどうか?

行動の原因をつきとめる
 設問1 その行動は痛みが原因か?
 設問2 その行動はコミュニケーションの手段か?
 設問3 その行動の原因は脳生理学的な異常か?
 第1段階 ストレスの兆候を見つける
 第2段階 気をそらすような活動を準備する
 第3段階 リラクゼーションと運動
 第4段階 言葉で制する
 第5段階 そっとしておく
 まとめ

結論

 参考文献
 監訳者あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ