ホーム > 吉本隆明『共同幻想論』を解体する
吉本隆明『共同幻想論』を解体する
本体2,800円+税
ISBN 9784750336299
判型・ページ数 4-6・296ページ
出版年月日 2012/07/20

吉本隆明『共同幻想論』を解体する

穴倉の中の欲望

オウム真理教教祖麻原彰晃を擁護し、社会を驚かせた吉本隆明。戦後日本に大きな影響を与えたこの人物の「思想」とはいったい何であったのか。『共同幻想論』の誤謬を突き、そこに潜む「妄想」を暴く。「希有思想家」とも評される吉本の虚像を剥ぐ画期的な論考。

第一章 オウムの叫びの中で
 一 ある不快な発言
 二 妄想と言語
 三 世界崩壊の記憶
 四 造悪について

第二章 母系と《対幻想》
 一 《対幻想》夢譚
 二 インセスト・タブー
 三 母系幻想

第三章 暴走するデマゴギー
 一 サンカ伝説
 二 錯誤は跳梁する

第四章 呪文としての言語
 一 擬装と退行
 二 呪文語の世界

第五章 エディプスの《父》
 一 《性》としての人間
 二 抑圧されたものの再帰

第六章 穴倉の中の欲望――《父》のいない世界
 一 母の形式
 二 封印された欲望

 あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ