ホーム > 戦後女子労働史論
戦後女子労働史論
本体7,800円+税
ISBN 9784750336244
判型・ページ数 A5・444ページ
出版年月日 2012/07/10

戦後女子労働史論

日本の女性労働は、戦後どのような変遷をたどったか。とりわけ60年代の先進資本主義諸国では女子労働が大きな変化を迎えた。日本に顕著に表れたM字型就労曲線などの実態を理論的に解明する。著者の女子労働論の骨格となる論文を集めた代表作に補論を追加。

このページのトップへ