ホーム > 障がい者自立生活センターの介助サービス
障がい者自立生活センターの介助サービス
本体4,800円+税
ISBN 9784750336107
判型・ページ数 A5・240ページ
出版年月日 2012/06/15

障がい者自立生活センターの介助サービス

トラブルの実態と予防・対処への提言

利用者とコーディネーター間、介助者とコーディネーター間、利用者と介助者間の3つの側面から介助サービスの満足度・トラブルの実態調査を元に検討。介助者派遣システムの最適化を図るため、トラブルの予防から解決に向けた提言を行う。

 巻頭言(藤田和弘)

序論

第1章 アメリカ合衆国における自立生活センターと介助サービス
第2章 わが国における自立生活センターと介助サービス
第3章 介助サービスにおけるトラブルとその解決
第4章 問題の所在
第5章 筆者の研究的立場


本論

 本研究の目的
 本書の構成と特色

第1部 利用者からみたコーディネーターに対するトラブル

第1章 予備研究 利用者からみたコーディネーターに対するトラブルに関する質問項目及びカテゴリーの作成
第2章 第1研究 利用者からみたコーディネーターに対する顕在トラブルの検討
第3章 第2研究 コーディネーション・サービスに対する利用者の満足度の検討――利用者からみた被実施度及びコーディネーターからみた実施度との関連
第4章 第3研究 利用者からみたコーディネーターに対する潜在トラブルの検討
第5章 第4研究 利用者からみたコーディネーターに対する顕在トラブルと潜在トラブルの比較
第6章 第1部考察

第2部 介助者からみたコーディネーターに対するトラブル

第1章 予備研究 介助者からみたコーディネーターに対するトラブルに関する質問項目及びカテゴリーの作成
第2章 第5研究 介助者からみたコーディネーターに対する顕在トラブルの検討
第3章 第6研究 コーディネーション・サービスに対する介助者の満足度の検討――介助者からみた被実施度及びコーディネーターからみた実施度との関連
第4章 第7研究 介助者からみたコーディネーターに対する潜在トラブルの検討
第5章 第8研究 介助者からみたコーディネーターに対する顕在トラブルと潜在トラブルの比較
第6章 第2部考察

第3部 利用者-介助者間のトラブル

第1章 予備研究 利用者-介助者間のトラブルに関する質問項目及びカテゴリーの作成
第2章 第9研究 利用者-介助者間の顕在トラブルの検討
第3章 第10研究 介助サービスに対する利用者の満足度と介助者の実施困難度の検討――介助場面ごとの比較
第4章 第11研究 利用者-介助者間の潜在トラブルの検討
第5章 第12研究 利用者-介助者間の顕在トラブルと潜在トラブルの比較
第6章 第3部考察

第4部 トラブルに関与する個人的要因

第1章 第13研究 利用者-介助者間のトラブルに関与する利用者側の個人的要因
第2章 第14研究 利用者-介助者間のトラブルに関与する介助者側の個人的要因
第3章 第4部考察

第5部 トラブルの解決に関する提言

第1章 コーディネーション・サービスにおけるトラブルの解決に向けて
第2章 利用者-介助者間の潜在トラブルの解決に向けて
第3章 標準的解決システムに基づいた補完的対応策
第4章 構成的グループ・エンカウンターを導入した補完的対応策


 今後の課題
 結論
 文献
 あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ