ホーム > 医療・保健・福祉・心理専門職のためのアセスメント技術を高めるハンドブック
医療・保健・福祉・心理専門職のためのアセスメント技術を高めるハンドブック
本体2,000円+税
ISBN 9784750335933
判型・ページ数 A5・108ページ
出版年月日 2012/05/23

医療・保健・福祉・心理専門職のためのアセスメント技術を高めるハンドブック

ケースレポートの方法からケース検討会議の技術まで

※改訂版が刊行されていますのでご注意ください。

有効な支援をするためにはしっかりとしたアセスメントができていなければならない――長年、医療・保健・福祉・心理分野の専門職と関わってきた著者が、アセスメント技術を向上させる視点からケースレポートの方法やケース検討会議の技術までを丁寧に解説。

 はじめに

第1章 ケースレポートについて考える
 1.この研修の前提
 2.どのような状況で、どのようにレポートするかを意識する

第2章 5分間でケースをレポートする
 1.ケースをまとめる
 2.情報-理解・解釈・仮説-対応・方針という枠組み
 3.アセスメントの定義と基本的な枠組み
 4.プランニングの原則
 5.その他

第3章 アセスメントのためのフォーマット
 1.フォーマットの構成
 2.フォーマットを活用した5分レポート

第4章 フォーマットの応用編とその他のフォーマット
 1.子どもをアセスメントするためのフォーマット
 2.アセスメントのためのフォーマット(改訂版)
 3.複数の支援対象者を含むケースに適したフォーマット
 4.アセスメント票(エリア別)

第5章 レポート例とフォーマットの記入例
 1.アセスメント例
 2.支援課題と支援方針

第6章 個人演習

第7章 グループワーク
 1.グループワークの進め方
 2.アセスメント力向上のために
 3.よく出る質問・感想

第8章 有意義なケース検討会議にするために
 1.カリスマ的な助言者に頼る
 2.完成度の高いケースレポート
 3.上手な司会
 4.明確で作業意識の高い質疑・討論
 5.アセスメントと検討課題を固める

第9章 ケース検討会議におけるケースレポートについて
 1.事例にタイトルをつける
 2.最初にポイントを述べる
 3.情報はアセスメントに必要なものに絞る
 4.生物-心理-社会モデルを使う
 5.エピソードは解釈や理解とともに述べる
 6.支援課題を明確にし、具体的な支援方法を考える
 7.15分にまとめる

第10章 「より深くわかる」ための視点
 1.力動的診断
 2.その他、支援に役立つアセスメント

同じジャンルの本

このページのトップへ