ホーム > 機械翻訳の原理と活用法
機械翻訳の原理と活用法
本体8,000円+税
ISBN 9784750335919
判型・ページ数 A5・356ページ
出版年月日 2012/03/31

機械翻訳の原理と活用法

古典的機械翻訳再評価の試み

コンピュータを利用した機械翻訳の開発に実際に立ち会った著者が、その成り立ちを、自然言語のモデル化・意味類型パターンの変換などから説き起こして詳説する。開発に用いられた英文と日本語訳文の研究資料、機械による俳句の翻訳の試みの例など多数掲載。

 序

 読み方のご案内

第1章 翻訳と機械翻訳
 1.翻訳とは何か
 2.機械翻訳とは何か
 3.結語

第2章 自然言語のモデル化
 1.自然言語の性質
 2.言語をモデル化する必要性

第3章 機械翻訳の原理
 1.機械翻訳の方式
 2.英日機械翻訳の機構

第4章 意味類型パターンの変換
 1.はじめに
 2.言語表現の担う意味のパターン化
 3.等価変換における意味の保存性
 4.意味類型知識ベース
 5.パターン変換(トランスファ)知識ベース
 6.述語論理による文の意味記述
 7.パターン変換の計算
 8.意味類型パターンの汎化と意味シソーラスの階層関係
 9.おわりに

第5章 文意の論理表現
 1.はじめに
 2.文の意味の論理表現
 3.古典論理の意味計算メカニズム
 4.構文解析と意味的役割子列の生成
 5.テキストからの意味抽出実験
 6.判明した事項の整理
 7.おわりに

第6章 機械翻訳の活用法
 1.はじめに
 2.「翻訳」の定義
 3.機械翻訳実験によるパフォーマンスの観察
 4.機械翻訳出力の不完全性
 5.不完全性を承知した上で機械翻訳を使いこなす工夫
 6.機械翻訳過程の定式化
 7.対訳アラインメントの充実と精密化
 8.おわりに

 付録:機械翻訳実験で使用した入力原文と出力訳文
  付1.日立製作所が研究開発した英日機械翻訳システムのパフォーマンス
  付2.現代(2010年代)の商用ベースの機械翻訳システムによる翻訳
  付3.毎日届く英文SPAMメールのFree翻訳
  付4.「機械翻訳研究シンポジウム開催趣意」の翻訳

第7章 対訳アラインメントの活用法
 1.はじめに
 2.従来の対訳アラインメント研究
 3.対訳アラインメントのさまざまな局面
 4.テキスト構造分析
 5.対訳アラインメントの函数的構造
 6.今後の課題
 7.おわりに

第8章 俳句の解釈と翻訳
 1.はじめに
 2.俳句の函数文法的構造
 3.俳句の形式的翻訳
 4.メタ文の抽出:俳句から
 5.メタ文の抽出:連句から
 6.おわりに

 あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ