ホーム > イタリアを旅する24章
イタリアを旅する24章
本体2,000円+税
ISBN 9784750335827
判型・ページ数 4-6・252ページ
出版年月日 2012/04/25

イタリアを旅する24章

イタリアにはどんな大都市でも小さな田舎町でも、特徴的な町並みや自然、歴史遺産、美術品、料理などの豊かな個性がある。長年この国と深く関わってきた著者たちがそんなユニークな町の数々とその素顔を紹介し、私たちを惹きつけてやまないこの国の魅力を綴る。

 はじめに

第1部 美術・歴史を旅する

 1 古代エトルリアの影――タルクィニア
 2 受け継がれる古代の美意識――ローマ
  [コラム01]ローマ下町のB級グルメ
 3 ポンペイ遺跡と近代の美術――ナポリ
 4 海に眠っていたギリシャの戦士――レッジョ・ディ・カラブリア
 5 中世の華麗な芸術にふれる――シエナ
 6 ルネッサンスの精華――フィレンツェ
 7 謎めいた怪獣の森――ボマルツォ
 8 まぼろしの楽園――ニンファ

第2部 食の宝庫を旅する

 9 酢の王様 バルサミコ――モデナ
 10 絶品チーズ、パルミジャーノができるまで――パルマ(1)
 11 至高の生ハム、おいしさの秘訣――パルマ(2)
 12 北の3つ星レストラン「ダル・ペスカトーレ」――カンネート・スッローリオ
 13 南の2つ星レストラン「ドン・アルフォンソ1890」――サンターガタ・スイ・ドゥエ・ゴルフィ
 14 自然が育むおいしさ――アブルッツォ州・モリーゼ州

第3部 とっておきの町を歩く

 15 時の迷路を歩く――ヴェネツィア
 16 歴史が静かに息づく町――ペルージャ
 17 田舎の海辺でイタリア的休暇――チンクエ・テッレ
  [コラム02]チンクエ・テッレのワイン
 18 地中海一のきれいな海――サルデーニャ島
 19 中部イタリアの桃源郷――メルカテッロ・スル・メタウロ
 20 気品ある街と友人たちの面影――トリノ

第4部 北へ南へ、魅力あふれる町をめぐる

21 美と芸術を育む町へ――北部イタリア
 ・ヴェローナ
 ・パドヴァ
 ・ヴェネツィア
 ・ラヴェンナ
 ・カッラーラ
22 中世の余韻にひたる愉しみ――中部イタリア
 ・サン・ジミニャーノ
 ・ピエンツァ
 ・ウルビーノ
 ・オルヴィエト
 ・アッシジ
 ・スポレート
 ・トゥスカーニア
23 歴史と文化の堆積層を見る――カンパーニア州
 ・エルコラーノ
 ・パエストゥム
 ・ソレント
24 地中海の島に残る多民族の足跡――シチリア島
 ・タオルミーナ
 ・パレルモ
 ・カルタニセッタ
 ・アグリジェント
  [コラム03]パレルモで食べる

 イタリアをより深く旅するための文献案内

同じジャンルの本

このページのトップへ