ホーム > 朝鮮戦争の起源 1
朝鮮戦争の起源 1
本体7,000円+税
ISBN 9784750335643
判型・ページ数 A5・644ページ
出版年月日 2012/04/10

朝鮮戦争の起源 1

1945年‐1947年 解放と南北分断体制の出現

1950年6月25日以前の歴史を掘り起こすことで既存の研究に一石を投じ、朝鮮戦争研究の流れを変えた記念碑的名著。日本が生み出した統治機構を戦後南部に駐留した米軍が利用し、社会の両極化が誘発される過程を、膨大な一次資料を駆使して跡づける。

 凡例
 日本語版への序文
 序文

第1部 物語の背景

第1章 植民地朝鮮における社会階級と支配機構
 植民地統治機構〔朝鮮総督府〕
 鉄道網の発達
 商業
 労働力の動員
 抵抗運動

第2章 植民地朝鮮における地主と小作人の関係
 日帝時代の農業
 朝鮮の農民と市場の出現
 民族の移動と朝鮮人の流浪
 動員と反乱
 結論

第3章 革命と反動――一九四五年八月から九月まで
 日帝植民地統治の終焉
 建国準備委員会(建準)
 朝鮮人民共和国(人共)
 人民共和国に対する反対
 結論

第4章 坩堝の中の対朝鮮政策――アメリカにおける一国独占主義と国際協調主義の対立 一九四三年‐一九四五年
 信託統治案の出現――一九四三年三月
 カイロ会談――「やがて」In Due Courseにおける独立
 ヤルタとポツダム――宙に浮く信託統治案
 戦後最初のコンテインメント(封じ込め)作戦――朝鮮の分断 一九四五年八月
 沖縄からソウルヘの「スクランブル」(緊急発進)
 出発前の政策と計画
 結論

第2部 中央におけるアメリカ占領軍の政策 一九四五年‐一九四七年

第5章 新しい秩序の創出――アメリカ軍の上陸と官僚機構、警察、軍に対する政策
 仁川とソウル――新しい敵と味方
 植民地官僚機構の復活
 司法と警察機構
 国防警備隊の出現

第6章 南朝鮮の単独政府に向かって
 臨時政府の帰国と「政務委員会」(Governing Commission)
 左翼に対する弾圧
 土地及び米穀に関する政策
 結論

第7章 国際協調主義的政策と一国独占主義的論理――中央における態度の硬化 一九四六年
 後見制と独立、裏切り者と愛国者、そして信託統治をめぐる紛糾
 窮地に追い込まれたホッジ
 米ソ共同委員会から南朝鮮過渡政府に至るまで
 結論――「憤懣の声」

第3部 地方における朝鮮人と米軍の激突 一九四五年‐一九四七年

第8章 各道における人民委員会の概観
 人口の変化
 輸送と通信の状況
 土地所有の関係
 地理的位置
 空白期間の長短
 政治的前史と指標
 米軍による各道の占領

第9章 各道における人民委員会の運命
 全羅南道人民委員会
 全羅北道人民委員会
 慶尚南道人民委員会
 慶尚北道人民委員会
 忠清南北道人民委員会
 江原道と京畿道の人民委員会
 済州島人民委員会
 結論

第10章 九月ゼネストと一〇月人民蜂起
 九月ゼネスト
 一〇月蜂起
 鎮圧の方法
 ストと蜂起の原因
 結論

第11章 北朝鮮の風――社会主義改革の展開
 ソ連による占領
 下意上達の政治
 上命下服の政治
 社会革命
 統一戦線政策
 南に吹きよせる北の風
 結論

第12章 結論――踏みにじられた解放

 原注
 原著で使用されている略称の一覧
 資料
 参考文献
 事項索引
 人名索引

同じジャンルの本

このページのトップへ