ホーム > 漫画 ホームレスじいさんの物語 震災・ガレキを越えて カマやんの夢畑
漫画 ホームレスじいさんの物語 震災・ガレキを越えて カマやんの夢畑
本体1,600円+税
ISBN 9784750335490
判型・ページ数 A5・160ページ
出版年月日 2012/03/11

漫画 ホームレスじいさんの物語 震災・ガレキを越えて カマやんの夢畑

大阪・釜ヶ崎を主な舞台に飄々と生きるホームレスのカマやんを主人公にした、ありむら潜の4コマ漫画。東日本大震災の被災地支援を描く新作を含め、日本の貧困問題が劇的に変化した2000年代半ばからの作品を集めた会心作。

序章(2011年~)
 東日本大震災被災地を行く

第1章(2004年頃~2008年頃)
 釜ヶ崎で生き延びる
 川のほとりのホームレス村で生き延びる

第2章(2008年リーマンショック~)
 「限界村」で生き延びる

コラム ありむら潜の新しいふるさとづくりへのつぶやき
 (1)オソロシイ光景を見た
 (2)刑務所か野宿。ニッポンの福祉は不在か ~刑余者問題を考える(1)~
 (3)カマやんの街の「受け入れる」底力 ~刑余者問題を考える(2)~
 (4)なぜカマガサキ?
 (5)聴き取りは「心の肥やし」だ
 (6)カマやんはどっちになるのかな?
 (7)どん底の幸福
 (8)「アフター」より「ビフォー」
 (9)どうするのが包摂?
 (10)開き直って、「一人でも暮らせるまち」
 (11)夏の夜に想う
 (12)人生をやり直したい人へ
 (13)限界集落のせつなさ
 (14)「New ニュー日雇い」のススメ
 (15)しくみいじりより、一人ひとりの生きる力
 (16)日本の落とし物が見える
 (17)「つながり」こそ生命線
 (18)生き延びて、生き延びて、再びつながる
 (19)ゆるやかにつながるコレクティブ・タウン
 (20)「ガレキ」の中から奇跡の復活劇
 (21)巨大な後方支援で、新しい国づくりへ
 (22)大震災に駆けつける日雇い労働者
 (23)宇宙人たちよ、原点に帰ろう!
 (24)どん底で見てきたもの ~定年退職にあたって(1)~
 (25)どん底でしてきたこと ~定年退職にあたって(2)~

あとがき

同じジャンルの本

このページのトップへ