ホーム > 藤本 透子

藤本 透子

名前 藤本 透子
カナ フジモト トウコ
 

プロフィール

国立民族学博物館民族文化研究部助教。1975年生まれ。京都大学文学部史学科卒業。同大大学院人間・環境学研究科博士課程研究指導認定退学。人間・環境学博士。
専攻:文化人類学、中央アジア地域研究
主な著書:『現代アジアの宗教――社会主義を経た地域を読む』(編著、春風社、近刊)、『よみがえる死者儀礼――現代カザフのイスラーム復興』(風響社、2011年)、『カザフの子育て――草原と都市のイスラーム文化復興を生きる』(ブックレット《アジアを学ぼう》19、風響社、2010年)
主な論文:Kazakh Memorial Services in the Post-Soviet Period: A Case Study of Northern Kazakhstan Villages. (Yamada, Takako and Takashi Irimoto eds., Continuity, Symbiosis, and the Mind in Traditional Cultures of Modern Societies, Sapporo: Hokkaido University Press, 2011)など。


(『カザフスタンを知るための60章』より)

このページのトップへ