ホーム > 入江 晃史

入江 晃史

名前 入江 晃史
カナ イリエ アキフミ
 

プロフィール

1978年静岡生まれ。2002年慶應義塾大学卒業後、総務省入省。07年米国ペンシルバニア大学ロースクール修了。ニューヨーク州司法試験合格。総務省電気通信事業部消費者行政課、財務省大臣官房政策金融課、総務省情報通信国際戦略局国際政策課(北米・欧州担当)、OECD日本政府代表部一等書記官等を経て、現在、総務省情報流通行政局地上放送課課長補佐。著書・論文・訳書等に『インターネット上の誹謗中傷と責任』(共著、商事法務)、「オンライン上の児童のプライバシー保護の在り方について―米国、EUの動向を踏まえて―」(学術論文、情報通信政策レビュー)、『インターネット経済:デジタル経済分野の公共政策〈OECDソウル宣言進捗レビュー〉』(翻訳、経済協力開発機構(OECD)編著、明石書店、2015年)などがある。


(『OECDビッグデータ白書』より)

このページのトップへ