ホーム > ジェームス・K・ガルブレイス

ジェームス・K・ガルブレイス

名前 ジェームス・K・ガルブレイス
カナ ジェームス ケー ガルブレイス
 

プロフィール

テキサス大学オースティン校、リンドン・B・ジョンソン公共政策研究科教授。1952年生まれ。父は高名な経済学者ジョン・K・ガルブレイス。ハーバード大学(B.A.)、イエール大学(Ph.D.)。ポスト・ケインズ派の経済学者で、UTIP(テキサス大学不平等プロジェクト)を主宰。
主な著書
Inequality and Instability: A Study of the World Economy Just Before the Great Crisis, Oxford University Press, 2012(『格差と不安定のグローバル経済学:ガルブレイスの現代資本主義論』塚原康博・鈴木賢志・馬場正弘・鑓田亨訳、明石書店、2014年)
The Predator State: How Conservatives Abandoned the Free Market and Why Liberals Should Too, Free Press, 2009
Inequality and Industrial Change: A Global View, Cambridge University Press, 2001
Created Unequal: The Crisis in American Pay, New York: The Free Press, 1998 Macroeconomics (with W. Darity, Jr), Houghton-Mifflin, 1994(『現代マクロ経済学』塚原康博・臼井邦彦・太田耕史郎・駒村康平・馬場正弘訳、TBSブリタニカ、1998年)
The Economic Problem (with R. L. Heilbroner), Price-Hall, 1990(『現代経済学』上・下、中村達也訳、TBSブリタニカ、1990年)


(『不平等』より)

このページのトップへ