ホーム > 藤浪 海

藤浪 海

名前 藤浪 海
カナ フジナミ カイ
 

プロフィール

2014年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。現在、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程在学中。専門は、国際社会学、国際移民研究。主な論文に、「ブラジル系移民コミュニティと第二世代男性の進路選択――横浜市鶴見区の学習教室の事例から」(移民政策学会編『移民政策研究』第9号、2017年)、「沖縄を旅するブラジル系移民の子どもたち――集落単位での帰還訪問がもたらす精神的エンパワメント」(日本移民学会編『移民研究年報』第23号、2017年)、「移民ネットワークとしてのオキナワン・ディアスポラ――横浜市鶴見区のブラジル系・ボリビア系・アルゼンチン系移民の事例から」(関東社会学会編『年報社会学論集』第28号、2015年)など。


(『移民の子どもと学校』より)



2014年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。現在、一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程在学中、日本学術振興会特別研究員DC1。専門は、国際社会学、国際移民研究。主な論文に、「沖縄系南米人とトランスナショナルなコミュニティの生成――横浜市鶴見区の複層的なネットワークを事例に」(一橋大学大学院修士論文、2014年)、「移民ネットワークとしてのオキナワン・ディアスポラ――横浜市鶴見区のブラジル系・ボリビア系・アルゼンチン系移民の事例から」(関東社会学会編『年報社会学論集』第28号、2015年)など。訳書に、『多様性を拓く教師教育:多文化時代の各国の取り組み』(共訳、OECD教育研究革新センター編著、明石書店、2014年)など。


(『21世紀型学習のリーダーシップ』より)

このページのトップへ