ホーム > 三浦 綾希子

三浦 綾希子

名前 三浦 綾希子
カナ ミウラ アキコ
 

プロフィール

2013年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了(社会学博士)。現在、中京大学国際教養学部准教授。専門は、教育社会学、異文化間教育学。主な著書・論文に、『ニューカマーの子どもと移民コミュニティ:第二世代のエスニック・アイデンティティ』(勁草書房、2015年)、「日本人でもなく外国人でもなく――日本で暮らすニューカマーの子どもたち」(青木利夫・柿内真紀・関啓子編著『生活世界に織り込まれた発達文化』東信堂、2015年)、「フィリピン系エスニック教会の教育的役割――世代によるニーズの差異に注目して」(日本教育社会学会編『教育社会学研究』90号、2012年)など。


(『移民の子どもと学校』より)



2013年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程修了(社会学博士)。現在、中京大学国際教養学部准教授。専門は、教育社会学、異文化間教育学。主な著書・論文に、『ニューカマーの子どもと移民コミュニティ:第二世代のエスニック・アイデンティティ』(勁草書房、2015年)、「日本人でもなく外国人でもなく――日本で暮らすニューカマーの子どもたち」(青木利夫・柿内真紀・関啓子編著『生活世界に織り込まれた発達文化』東信堂、2015年)、「フィリピン系エスニック教会の教育的役割――世代によるニーズの差異に注目して」(日本教育社会学会編『教育社会学研究』90号、2012年)、「フィリピン系ニューカマーのネットワーク形成と教育資源――家事労働者の母親に注目して」(異文化間教育学会編『異文化間教育』37号、2013年)、「多文化地区における地域学習室の機能――ニューカマー1.5世を対象として」(日本移民学会編『移民研究年報』19号、2013年)、「2つの「ホーム」の間で――ニューカマー1.5世の帰属意識の変容と将来展望」(異文化間教育学会編『異文化間教育』40号、2014年)など。訳書に、『多様性を拓く教師教育:多文化時代の各国の取り組み』(共訳、OECD教育研究革新センター編著、明石書店、2014年)など。


(『21世紀型学習のリーダーシップ』より)

このページのトップへ