ホーム > アラン・E・カズン

アラン・E・カズン

名前 アラン・E・カズン
カナ カズン,アラン・E
 

プロフィール

本書の著者について

 アラン E. カズン博士(Alan E. Kazdin, Ph.D.)は,エール大学の心理学の教授です。また,エール大学医学部のChild Study Center(Child Psychiatry)の教授であり,攻撃行動や反社会的行動をとる子どもの外来診療を行っているYale Child Conduct Clinicの所長です。カズン博士はノースウェスト大学において臨床心理学の博士号を受け(1970),エール大学に就任する以前はペンシルベニア州立大学とピッツバーグ医科大学で教鞭をとっていました。カズン博士はまた,Center for Advanced Study in the Behavioral Sciencesの会員であり,Advandement of Behavior Therapyの学長であり,Distinguished Science Contribution to Clinical Psychologyを受賞しています。現在彼は,多くの学会誌(Journal of Consulting and Clinical Psychology,Behavior Therapy, および,Psychological Assessment)の編集者でもあります。また,American Board of Professional Psychiatryの学位をもち,アメリカ心理学会の会員でもあります。彼が共同執筆あるいは共同編集した著書は30にのぼります。近年の彼の主な著書には,Child Psychotherapy: Developing and Identifying Effective Treatments (Ally & Bacon),Treatment of Antisocial Behavior in Children and Adolescents (Brooks/Cole), Reserch Design in Clinical Psychology (Ally & Bacon), Methodological Issues and Strategies in Clinical Research (アメリカ心理学会), Cognitive and Behavioral Intereventions: An Empirical Approach to Mental Health Problems (L. Craighead, W. E. Craighead, & M. Mahoneyとの共著; Allyn & Bacon),およびThe Clinical Psychology Handbook (A.S. Bellack & M. Hersenとの共著; Pergamon)があります。




(『子どもと青年の素行障害』より)

このページのトップへ