ホーム > 立元 幸治

立元 幸治

名前 立元 幸治
カナ タチモト コウジ
 

プロフィール

一九六〇年九州大学卒業後、NHKに入局。主に教養系番組の制作に携わり、チーフ・プロデューサー、部長、局長、審議委員などを務める。主な制作番組に、「情報と現代」「近世日本の私塾」「明治精神の構造」「日本の政治文化」などがある。NHK退職後、九州産業大学、東和大学などで「メディア論」や「現代社会論」などの講義と研究に携わり、現在は主に執筆講演活動を展開している。著書に『転換期のメディア環境』(福村出版)『こころの出家』(筑摩書房)『こころの養生訓』『器量と人望』(PHP研究所)『貝原益軒に学ぶ』(三笠書房)『東京多磨霊園物語』『東京青山霊園物語』(明石書店)などがある。


(『鎌倉古寺霊園物語』より)

このページのトップへ