ホーム > 松浦 直己

松浦 直己

名前 松浦 直己
カナ マツウラ ナオミ
 

プロフィール

三重大学教育学部特別支援教育講座(医学)教授、福井大学こどものこころの発達研究センター客員教授。博士(学校教育学)と博士(医学)を持つ。神戸大学教育学部卒業後、神戸市公立小学校教諭を15年経験。その後奈良教育大学特別支援教育研究センター、東京福祉大学を経て現職。言語聴覚士、学校心理士、特別支援教育士スーパーバイザー、専門社会調査士などの専門資格を有する。
専門は少年非行、特別支援教育、発達障がい、犯罪心理学、近赤外線スペクトロスコピーを用いた神経学的評価研究など。

三重大学の教員紹介HP:http://tokubetsusienn.edu.mie-u.ac.jp/program1.html
三重大学特別支援教育コースHP:http://tokubetsusienn.edu.mie-u.ac.jp/program1.html

[著作]
・『発達障害と思春期・青年期生きにくさへの理解と支援』(分担執筆、橋本和明編著、明石書店、2009年)「第5章 危険因子からみた非行理解――発達的視点から少年非行をとらえる」
・「発達支援のリスクマネジメント」(北神正行・高橋香代編『学校組織マネジメントとスクールリーダー――スクールリーダー育成プログラムの開発に向けて』学文社、2007年、pp.93-111)
・『教室の「困っている子ども」を支える7つの手がかり――この子はどこにつまずいているのか?』(共著、明石書店、2014年)
・『非行・犯罪心理学――学際的視座からの犯罪理解』(明石書店、2015 年)
[論文]
1. N, MATSUURA, et al., Cognitive traits of students in juvenile delinquent training school. Japanese journal of learning disabilities, Vol.16, No.1 (2007/3) pp. 95-105
2. N, MATSUURA, et al., Approach to cognitive distortions in a child with high-functioning autism: application of a cognitive behavior treatment package. Japanese journal of learning disabilities, Vol.16, No.2 (2007/7) pp. 126-135
3. N, MATSUURA, et al., Practical effects of correctional education from the perspective of developmental disabilities in a juvenile training school: psychological characteristics of students and changes in consciousness on Graduation. Japanese journal of learning disabilities, Vol.16, No.2 (2007/7) pp. 199-213
4. N, MATSUURA, et al., Examination of juvenile delinquency, adverse childhood experiences and maltreatment: evidence based survey of using ACE questionnaire in juvenile training schools. Hyogo University of Teacher Education journal, Vol.30 (2007/2) pp. 215-223


(『犯罪学ハンドブック』より)

このページのトップへ