ホーム > 福島 喜代子

福島 喜代子

名前 福島 喜代子
カナ フクシマ キヨコ
 

プロフィール

ルーテル学院大学総合人間学部教授。
神戸育ち。大阪大学(学士)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院(社会福祉学修士)、日本社会事業大学大学院博士後期課程修了(社会福祉学博士)。社会福祉士。大学学部卒業後、社会福祉の中央団体に勤務し、留学。帰国後、ルーテル学院大学勤務をして現在にいたっている。専門は精神保健福祉、ソーシャルワーク、グループワーク、対人援助のトレーニング。
〈主要著書・論文〉
「自殺対応とソーシャルワーク─―つなげる実践と専門性」『ソーシャルワーク研究』38-3, 156-168.(単著、2012年)
「社協マンのための『総合的な相談援助』講座~深みと広がりのある相談援助のコツ」『NORMA社協情報』227-232号連載(単著、2009年)
『新・社会福祉士養成講座6 相談援助の基盤と専門職』(編著、中央法規出版、2010年) 『ソーシャルワーク実践スキルの実証的研究』(単著、筒井書房、2005年) 『ソーシャルワークにおけるSSTの方法』(単著、相川書房、2004年)他多数。


(『自殺危機にある人への初期介入の実際』より)

このページのトップへ