ホーム > 岡本 正子

岡本 正子

名前 岡本 正子
カナ オカモト マサコ
 

プロフィール

京都府立医科大学卒業。大阪市立小児保健センター、大阪府立精神医療センター松心園、大阪府こころの健康総合センター、大阪府中央子ども家庭センター、大阪教育大学教育学部教授などを経て、2017年から大阪府衛生会付属診療所勤務(大阪教育大学学校危機メンタルサポートセンター共同研究員)。日本児童青年精神医学会認定医。日本子ども虐待防止学会代議員。
〔主な著書〕
『性的虐待を受けた子ども・性的問題行動を示す子どもへの支援』(編著)明石書店(2012)、『教員のための子ども虐待理解と対応』(編著)生活書院(2009)、「子ども虐待の通告と介入」(小野善郎・本間博彰編『子ども虐待と関連する精神障害』中山書店、2008)、「児童虐待と子どもの精神保健――性的虐待を中心に」(小野善郎編『子どもの福祉とメンタルヘルス』明石書店、2006)、「性的虐待の医療的側面への長期的影響」(ロバート・M.リース編、郭麗月監訳『虐待された子どもへの治療』訳書、明石書店、2005)、平成26・27年度 厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業)「性的虐待事案に係る児童とその保護者への支援の在り方に関する研究」(2014~2015)他


(『性的虐待を受けた子どもの施設ケア』より)

このページのトップへ