ホーム > 萩尾 生

萩尾 生

名前 萩尾 生
カナ ハギオ ショウ
 

プロフィール

1962年生まれ。日本学術振興会、名古屋工業大学を経て、2016年より東京外国語大学教授。専門はバスク地域研究/言語社会学。主著に『現代バスクを知るための50章』(吉田浩美との共編著。明石書店、2012年)、『Egile nafarren euskal literaturaren antologia』(共著。Institucion Principe de Viana、近刊)、『Identidad y estructura de la emigracion vasca y navarra hacia Iberoamerica(Siglos XVI-XXI)』(共著。Thomson Reuters/ Aranzadi、2015年)、B.エチェパレ著『バスク初文集』(吉田浩美との共訳。平凡社、2014年)、J.アリエール著『バスク人』(単訳。白水社、1992年)などがある。


(『バスク地方の歴史』より)

このページのトップへ