ホーム > 庵逧 由香

庵逧 由香

名前 庵逧 由香
カナ アンザコ ユカ
 

プロフィール

立命館大学文学部教授。高麗大学校史学科大学院文学博士。専攻は朝鮮近現代史、日韓関係史。主要論著に、「朝鮮における総動員体制の構造」『岩波講座東アジア近現代通史第6巻』岩波書店、2011年1月(共著)、庵逧由香「植民地期朝鮮史像をめぐって-韓国の新しい研究動向-」『歴史学研究』No.868、2010年7月、などがある。


(『植民地初期の朝鮮農業』より)

このページのトップへ