ホーム > 文 浩一

文 浩一

名前 文 浩一
カナ ムン ホイル
 

プロフィール

朝鮮大学校政治経済学部卒業、一橋大学経済学研究科博士後期課程単位取得退学、経済学博士(一橋大学)。
朝鮮問題研究所、一橋大学経済研究所COE研究員を経て、現在一橋大学経済研究所特任准教授。
〈主要論文・訳書〉
「北朝鮮経済をどう見るか」『世界』(岩波書店、2005年10月)
「植民地期朝鮮の南北人口比:朝鮮総督府国勢調査資料の分割フォーマット」一橋大学経済研究所 Hi-stat ディスカッションペーパーNo.146(2006年3月)
『植民地期朝鮮の国民経済計算』(共訳)(東京大学出版会、2008年)
「核実験の実施と6か国協議の再開」『アジア動向年報2007』(日本貿易振興会アジア経済研究所、2007年6月)


(『朝鮮民主主義人民共和国の人口変動』より)

このページのトップへ