ホーム > ライラ・アブー=ルゴド

ライラ・アブー=ルゴド

名前 ライラ・アブー=ルゴド
カナ アブー=ルゴド,ライラ
 

プロフィール

コロンビア大学人類学科教授、女性・ジェンダー研究所(Institute for Research on Women and Gender, IRWS)所長。主な業績として、Veiled Sentiments: Honor and Poetry in a Bedouin Society; Writing Women's Worlds: Bedouin Stories(ともにBerkeley and Los Angeles: University of California Press, 1986 and 1993)がある。現在は、現地で人気のあるテレビシリーズと、現地におけるジェンダーや階級、国民アイデンティティ、近代性との関わりを考察しながら、エジプトのテレビ番組における文化の政治学に取り組む。2002年には、Abu-Lughod 他編Media Worlds: Anthropology on the New Terrain (Berkeley and Los Angeles: University of California Press)を、2005年にはDramas of Nationhood: The Politics of Television in Egypt(Chicago: University of Chicago Press)、2006年にはLocal Contexts of Islamism in Popular Media (Amsterdam: Amsterdam University Press)を出版。

このページのトップへ