ホーム > 久木元 美琴

久木元 美琴

名前 久木元 美琴
カナ クキモト ミコト
 

プロフィール

東京大学大学院総合文化研究科修了(学術博士)。奈良女子大学助教を経て、現在、大分大学経済学部准教授。専門は、都市社会地理学、公共サービスの地理学。
〈主な著書・論文〉
『地方行財政の地域的文脈』(共著、古今書院、2012年)
『女性就業と生活空間』(共著、明石書店、2012年)
『Urban Transformations: Centres, Peripheries and Systems』(共著、Ashgate、2014年)
『インターネットと地域』(共著、ナカニシヤ出版、2015年)


(『保育・子育て支援の地理学』より)



1979年鹿児島県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(博士〈学術〉)。現在、大分大学経済学部准教授。専攻は、都市地理学、公共サービスの地理学、特に地域における子育て支援を中心とした福祉サービスの需給の地域差。主な著書・論文・訳書に、『保育・子育て支援の地理学:福祉サービス需給の「地域差」に着目して』(単著、明石書店、2016年)、『Urban Transformations: Centres, Peripheries and Systems』(共著、Ashgate、2014年)、『地方行財政の地域的文脈』(共著、古今書店、2012年)、『女性就業と生活空間:仕事・子育て・ライフコース』(共著、明石書店、2012年)、「東京都心湾岸再開発地におけるホワイトカラー共働き世帯の保育サービス選択」(「経済地理学年報」59-3、2013年)、「地方温泉観光地における長時間保育ニーズへの対応」(「地理学評論」83-2、2010年)、『地図でみる世界の地域格差OECD地域指標2009年版:都市集中と地域発展の国際比較』(共訳、OECD編著、明石書店、2010年)、『地図でみる世界の地域格差OECD地域指標2011年版:都市集中と地域発展の国際比較』(共訳、OECD編著、明石書店、2012年)、『地図でみる世界の地域格差OECD地域指標2013年版:都市集中と地域発展の国際比較』(共訳、OECD編著、明石書店、2014年)など。


(『地図でみる世界の地域格差 OECD地域指標2016年版』より)

このページのトップへ