ホーム > ジョージ・J・アナス

ジョージ・J・アナス

名前 ジョージ・J・アナス
カナ アナス,ジョージ・J
 

プロフィール

ジョージ・J・アナス(George J. Annas)は、ボストン大学公衆衛生学部の保健医療法、生命倫理および人権の教授で、保健医療法学科の主任、ボストン大学法学部と医学部の教授である。彼は、これら3校のすべてにおいて過去30年間教鞭を執っている。彼はまた、法律家や医師、その他の人々がともに人権と健康を促進するために活動している国際的な「世界法律家と医師協会」(Global Lawyers and Physicians)の共同設立者である。彼は、ハーバード大学から授与された法律、公衆衛生そして経済の学位を持っている。 アナスは、医学研究所(国立科学アカデミー)、アメリカ科学振興学会のメンバーであり、アメリカ弁護士協会の健康と生命倫理に関する委員会(個人の権利と責任分野)の共同議長、アメリカ医事法学会の名誉会員である。2003年には、医療法の分野において国で最もよく引用されている法律学の教授であるとされた。彼は、マサチューセッツ州医師免許登録評議会の副議長、マサチューセッツ州医療施設上訴評議会の議長、マサチューセッツ州臓器移植作業部会の議長など多くの政府取締機関の役職を歴任している。 1991年から、New England Journal of Medicineに「医学における法律問題」を定期的に執筆しており、以前にはHastings Center Report とAmerican Journal of Public Healthに法律について執筆していた。彼の他の著書には、『Judging Medicine』(1987)、『Standard of Care: The Law of American Bioethics』(1993)、『Some Choice: Law,Medicine,and the Market』(1998)などがある。

このページのトップへ