ホーム > 上野 敏彦

上野 敏彦

名前 上野 敏彦
カナ ウエノ トシヒコ
 

プロフィール

 記録作家、ジャーナリスト。1955年、神奈川県に生まれ、横浜国立大学経済学部を卒業。1979年より共同通信記者で、社会部次長、編集委員兼論説委員を経て2度目の宮崎支局長を務める。
 環境公害や漁業、食文化、日本の近現代史が取材のテーマで民俗学者・宮本常一の影響を受けて、北方領土から与那国島に至る日本列島の各地を歩く。編集委員時代には「追想とメモリアル」や通年企画「戦後70年ゼロからの希望」などを担当。
 書評を執筆するほか現在宮崎日日新聞にコラム「田の神通信」、高知新聞にコラム「黒潮還流明日を求めて」を連載する。
〈著書〉
『新編 塩釜すし哲物語――震災から復興へ』(ちくま文庫、2011年)
『木村英造 淡水魚にかける夢』(平凡社、2003年)
『新版 闘う純米酒――神亀ひこ孫物語』(平凡社ライブラリー、2011年)
『千年を耕す椎葉焼き畑村紀行』(平凡社、2011年)
『闘う葡萄酒――都農ワイナリー伝説』(平凡社、2013年)
『神馬――京都・西陣の酒場日乗』(新宿書房、2014年)
『海と人と魚――日本漁業の最前線』(農山漁村文化協会、2016年)
『そば打ち一代――浅草・蕎亭大黒屋見聞録』(平凡社、2017年)
〈共著〉
『日本コリア新時代――またがる人々の物語』(明石書店、2003年)
『総理を夢見る男――東国原英夫と地方の反乱』(梧桐書院、2011年)
など多数


(『辛基秀 朝鮮通信使に掛ける夢』より)

このページのトップへ