ホーム > 山田 満

山田 満

名前 山田 満
カナ ヤマダ ミツル
 

プロフィール

オハイオ大学大学院国際関係学研究科修士課程修了。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程政治学専攻単位取得退学。2000年に神戸大学博士(政治学)を取得。東ティモール国立大学客員研究員、埼玉大学教養学部教授、東洋英和女学院大学大学院国際協力研究科教授などを経て、2009年4月より早稲田大学社会科学総合学術院教授。同大学地域・地域間研究機構アジア・ヒューマンコミュニティー(AHC)研究所長。一般社団法人日本東ティモール協会副会長、国連UNHCR協会理事、難民自立支援機構理事などNGO活動や国際ボランティア活動にも従事。専攻は、国際関係論、国際協力論、平和構築論。
〔主な著書・論文〕
『多民族国家マレーシアの国民統合――インド人の周辺化問題』大学教育出版、2000年
『「平和構築」とは何か――紛争地域の再生のために』平凡社新書、2003年
『東ティモールを知るための50章』(編著)明石書店、2006年
『市民社会からみたアジア』(責任編集)『国際政治』第169号、2012年
『東南アジアの紛争予防と「人間の安全保障」――武力紛争、難民、災害、社会的排除への対応と解決に向けて』(編著)明石書店、2016年


(『難民を知るための基礎知識』より)

このページのトップへ