ホーム > 綾部 恒雄

綾部 恒雄

名前 綾部 恒雄
カナ アヤベ ツネオ
 

プロフィール

国連ユネスコ企画専門員、九州大学、筑波大学、京都文教大学教授(副学長)。城西国際大学人文学部客員教授。筑波大学名誉教授。この間スタンフォード大学、ペンシルベニア大学、マサチューセッツ大学、マッギル大学などの客員教授などを歴任。文学博士。 単著  『アメリカの秘密結社――西欧的社会集団の生態』中央公論社、1970年  『タイ族――その社会と文化』弘文堂、1971年  『クラブの人類学』アカデミア出版会、1988年  『東南アジアの論理と心性』第一書房、1992年  『現代世界とエスニシティ』弘文堂、1993年   その他 編著  『文化人類学15の理論』(中公新書)中央公論社、1993年  『カナダ民族文化の研究――多文化主義とエスニシティ』刀水書房、1988年  Nation State, Identity and Religion in Southeast Asia. Singapore Society of Asian Studies, 1998.  『文化人類学のフロンティア』ミネルヴァ書房、2003年  『よくわかる文化人類学』(桑山敬己と共編)ミネルヴァ書房、2006年  『文化人類学20の理論』弘文堂、2006年   その他 監修  ジュリアン・バージャー『図説世界の先住民族』明石書店、1995年  『世界民族事典』弘文堂、2000年 翻訳  A・ファン・ヘネップ『通過儀礼』(綾部裕子と共訳)弘文堂、1977年

このページのトップへ