ホーム > 八尾師 誠

八尾師 誠

名前 八尾師 誠
カナ ハチオシ マコト
 

プロフィール

1950年札幌生まれ。北海道大学大学院博士課程修了。専門は、イラン地域研究、イラン近現代史、現代イスラーム論。
東京外国語大学名誉教授。現在、イラン・イスラーム共和国イスラーム自由大学大学院校人文社会系歴史部門のアカデミックスタッフとして、イラン近現代史を担当。
【主な訳書・著書】
『全訳イラン・エジプト・トルコ議会内規』(共編)2014年、東洋文庫、『西アジア史Ⅱ』(世界各国史)(共著)山川出版社、2002年、『イラン近代の原像――英雄サッタール・ハーンの革命――』東京大学出版会、1998年、『イスラム社会のヤクザ――歴史を生きる任侠と無頼――』(共著)第三書館、1994年、『銭湯へ行こう・イスラム編』(編著)TOTO出版、1993年。
【主な論文】
「写真に見るホメイニー師表象の変化とイラン・イスラーム革命」八尾師誠ほか編『画像史料論――世界史の読み方―― 』東京外国語大学出版会、2014年、pp.182-198、「ホメイニー師から見たイラン・イスラーム革命」中東調査会『中東研究』509号、2010年、pp.20-27、‘Political Culture in the First National Assembly of Iran,’ Development of Parliamentarism in the Modern Islamic World, Toyo-Bunko, 2009、pp.118-133 (in English)


(『イランの歴史』より)

このページのトップへ