ホーム > 関 恒樹

関 恒樹

名前 関 恒樹
カナ セキ コウキ
 

プロフィール

1968年生まれ。立教大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文学)、専門は文化人類学。現在、広島大学大学院国際協力研究科准教授。
主な著書・論文に以下がある。
・『海域世界の民族誌─フィリピン島嶼部における移動・生業・アイデンティティ』(世界思想社、2007年)
・Capitalizing on Desire: Reconfiguring ‘the Social’ and the Government of Poverty in the Philippines, Development and Change 46(6):1253-1276, 2015
・Crafting Livelihood in the Era of Neoliberal Environmentality, in Eder, James and Oscar Evangelista eds., Palawan and Its Global Connections, pp.161-194, Ateneo de Manila University Press, 2014
・Difference and Alliance in Transnational Social Fields: The Pendular Identity of the Filipino Middle Class,” Philippine Studies Vol.60(2): 187-222. 2012


(『「社会的なもの」の人類学』より)

このページのトップへ