ホーム > タチヤーナ・アレクサンドロヴナ・バシロワ

タチヤーナ・アレクサンドロヴナ・バシロワ

名前 タチヤーナ・アレクサンドロヴナ・バシロワ
カナ タチヤーナ アレクサンドロヴナ バシロワ
 

プロフィール

モスクワ大学心理学部卒業。心理学博士。現在、モスクワ市立心理教育大学教授。モスクワ大学在学中に、A.I.メシチェリャーコフに出会い、盲ろう児の教育について学ぶ。卒業後も、メシチェリャーコフのもとで、盲ろう大学生の支援、実験グループにおける盲ろう児の養育に加わり、診断・検査活動にも参加。以後、2002年までロシア教育科学アカデミー欠陥学研研究所(現、「治療教育研究所」)で、盲ろう児の教育と養育研究部門を担当、1995-2000年まで、同研究所の重複障害児の教育内容と方法研究室室長。2002年、現職に移る。


(『20世紀ロシアの挑戦 盲ろう児教育の歴史』より)

このページのトップへ