ホーム > 杉浦 真一郎

杉浦 真一郎

名前 杉浦 真一郎
カナ スギウラ シンイチロウ
 

プロフィール

名城大学都市情報学部教授
専攻は人文地理学(地方行財政,福祉)
1971年愛知県生まれ
1994年広島大学文学部地理学専攻卒業
1999年広島大学大学院文学研究科博士課程後期修了,博士(文学),日本学術振興会特別研究員(PD)
2000年金沢大学文学部助手
2002年名城大学都市情報学部講師,2007年同学部助教,2008年同学部准教授を経て
2015年より現職

主要業績
杉浦真一郎(2005)『地域と高齢者福祉―介護サービスの需給空間―』古今書院(単著)
杉浦真一郎(2007)「行政の地域調査―高齢者福祉サービスの地域格差をとらえる―」梶田真・仁平尊明・加藤政洋編『地域調査ことはじめ―あるく・みる・かく―』ナカニシヤ出版(分担執筆)
杉浦真一郎(2012)「サービス供給の地域差と均衡化」神谷浩夫・梶田真・佐藤正志・栗島英明・美谷薫編『地方行財政の地域的文脈』古今書院(分担執筆)
杉浦真一郎(2013)「福祉の地理学」人文地理学会編『人文地理学事典』丸善出版(分担執筆)


(『介護行財政の地理学』より)

このページのトップへ