ホーム > 桒原 淳

桒原 淳

名前 桒原 淳
カナ クワバラ アツシ
 

プロフィール

株式会社環境アセスメントセンター 調査計画部植物調査課長
専門分野:自然環境、植物生態学、生物学一般
経歴:高知大学大学院理学研究科生物学専攻修士課程修了。平成7(1995)年4月に株式会社環境アセスメントセンターに入社し、現職。技術士(自然環境保全)、自然再生士、RCCM(建設環境)、生物分類技能検定2級(植物)、環境再生医(中級)
主な発表:三宅尚・朝倉俊治・桑原淳(2001)伊豆半島逆川湿地における完新世後期の植生変遷史.高知大学理学部紀要(生物学)、22:13-22.桑原淳・鵜飼一博(2013)南アルプス聖平におけるニホンジカ対策(2)聖平における植生変遷.日本生態学会第60回全国大会,静岡.桒原淳・葛山博次・関根洋子・永翁智雄・山口孝昭(2014)海浜性植物ハマボウフウの保全対策技術――四日市港臨港道路(霞4号幹線)事業に伴う環境保全技術事例.応用生態工学会 第18回東京大会、東京。


(『道路建設とステークホルダー 合意形成の記録』より)

このページのトップへ