ホーム > 蔭山 正子

蔭山 正子

名前 蔭山 正子
カナ カゲヤマ マサコ
 

プロフィール

大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻公衆衛生看護学教室/准教授/保健師
略歴:大阪大学医療技術短期大学部看護学科、大阪府立公衆衛生専門学校を卒業。病院看護師を経験した後、東京大学医学部健康科学・看護学科3年次編入学。同大学大学院地域看護学分野で修士課程と博士課程を修了。保健所精神保健担当(児童相談所兼務あり)・保健センターで保健師としての勤務、東京大学大学院地域看護学分野助教などを経て現職。
主な研究テーマは、精神障がい者の家族支援・育児支援、保健師の支援技術。主な著書に『精神障がい者の家族への暴力というSOS』(蔭山正子編著)、『精神障がいのある親に育てられた子どもの語り――困難の理解とリカバリーへの支援』(横山恵子・蔭山正子編著)、『当事者が語る精神障がいとリカバリー』(YPS横浜ピアスタッフ協会・蔭山正子編著)[いずれも明石書店]がある。


(『メンタルヘルス不調のある親への育児支援』より)

このページのトップへ