ホーム > 大西 公恵

大西 公恵

名前 大西 公恵
カナ オオニシ キミエ
 

プロフィール

2013年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、和光大学現代人間学部准教授。専門は、教育史、教育方法論。主な著書に、『日本の学校受容:教育制度の社会史』(共著、木村元編著、勁草書房、2012年)など。主な論文に、「1950年代初期における職業・家庭科のカリキュラム編成――長野県飯田市立飯田東中学校の事例を通して」(『〈教育と社会〉研究』第26号、2016年)、「1930年代初期における国語科の教育目的の問い直し――第34回全国小学校訓導協議会の議論を通して」(『和光大学現代人間学部紀要』第9号、2016年)、「山路兵一「遊びの善導」論再考――学習雑誌『伸びて行く』との関連に注目して」(『教育目標・評価学会紀要』第16号、2006年)など。訳書に、『21世紀型学習のリーダーシップ:イノベーティブな学習環境をつくる』(共訳、OECD教育研究革新センター編著、2016年、明石書店)など。


(『移民の子どもと学校』より)



2013年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、和光大学現代人間学部講師。専門は、教育史、教育方法論。主な著書に、『日本の学校受容:教育制度の社会史』(共著、木村元編著、勁草書房、2012年)など。主な論文に、「1950年代初期における職業・家庭科のカリキュラム編成――長野県飯田市立飯田東中学校の事例を通して」(『〈教育と社会〉研究』第26号、2016年)、「1930年代初期における国語科の教育目的の問い直し――第34回全国小学校訓導協議会の議論を通して」(『和光大学現代人間学部紀要』第9号、2016年)、「学習雑誌『伸びて行く』に見る山路兵一の「読書創造」」(『学習研究』第477号、2016年)、「新制中学校設立初期における学校経営と生徒指導――飯田東中学校の教科教室制を通して」(『〈教育と社会〉研究』第25号、2015年)、「1900年代の東京高等師範学校附属小学校における読方教育論――『教育研究』および全国小学校訓導協議会での議論を中心に」(『和光大学現代人間学部紀要』第7号、2014年)、「山路兵一「遊びの善導」論再考――学習雑誌『伸びて行く』との関連に注目して」(『教育目標・評価学会紀要』第16号、2006年)など。


(『21世紀型学習のリーダーシップ』より)

このページのトップへ