ホーム > 丸山 輝久

丸山 輝久

名前 丸山 輝久
カナ マルヤマ テルヒサ
 

プロフィール

弁護士。紀尾井町法律事務所共同経営者、第二東京弁護士会所属。
1943年長野県生まれ。1967年中央大学法学部法律学科卒業。1973年弁護士登録(司法修習生25期)。
第二東京弁護士会法律相談運営委員会委員長、東京三弁護士会法律相談協議会議長、日弁連法律相談委員会委員長、日弁連法律扶助改革推進本部事務局次長、第二東京弁護士会仲裁センター仲裁人、日弁連司法律扶助対策本部事務局次長、第二東京弁護士会公設法律事務所(東京フロンティア基金法律事務所)所長などを歴任。
また東京都板橋区法律相談員、東京家庭裁判所調停委員、(財)中央労働基準協会労働相談専門委員、東京労働局個別労働紛争斡旋制度の斡旋委員などをつとめ、2005~2015年大宮法科大学院教授、2011~2013年桐蔭横浜大学法科大学院非常勤講師、2011年東日本大震災による原発事故被災者支援弁護団長就任(現在共同代表)。

著書
『隣近所のトラブルに負けない本』(中経出版、2003年)、『判例を基にした刑事事実認定の基礎知識』(現代人文社、2012年)、『弁護士という生き方』(明石書店、2015年)など。


(『福島第一原発事故の法的責任論 1』より)

このページのトップへ